OUR SERVICE

会社設立クラウドの
サービス

創業時に必要となる面倒な準備や手続きも会社設立クラウドがすべて引き受けます。運営会社には各専門家が在籍しているため、悩むことなく会社の設立、円滑な事業立ち上げが可能になります。

会社設立の流れと
サービス

会社設立(設立登記)

1定款の作成と認証

基本事項を記載した定款を作成、公証役場で認証をしてもらいます。

定款の作成と認証

定款の作成と認証の流れ
法人の登記申請には、定款(ていかん)という、会社の基本的な規則を示したものが必要です。定款の作成から認証までは、以下のような流れで行います。

定款の作成
⑴ 定款の記載事項を決める(会社の名前(商号)や事業内容、本社の所在地等)
⑵ 発起人全員の実印・印鑑証明の用意をする
⑶ 発起人全員の同意により定款を作成する

定款の認証
⑷ 公証役場で定款の事前確認をしてもらう
⑸ 公証役場へ行き、正式に定款の認証をしてもらう(合同会社は不要)
⑹ 定款の謄本を取得する

定款作成とは
定款は、会社設立において、必ず作成しなければいけない重要な書類であり、間違いや抜けがないよう、十分に注意する必要があります。
記載事項が多岐にわたり複雑かつ、認証までの手続きが少々煩雑であるため、専門家に指導してもらいながら作成することをおすすめします。会社設立クラウドでは、経験豊富なメンバーで、司法書士監修のもと作成サポートを実施いたしますので、安心してお任せください。

2資本金の払い込み

会社の原資となる資本金の払い込みを行います。

資本金の払い込み

資本金の払い込みはご自身でご対応いただく必要があります。
会社設立クラウドでは資本金払い込み時の留意点をお伝えし、円滑な資本金の払い込みをサポートいたします。

資本金払い込み時の留意点
払込先:発起人の個人名義の金融機関口座
払込日:定款の認証日以降(認証当日も含む)
払込名:発起人の名前と同一(発起人が1名の場合は"預け入れ"でも可)
払込額:登記する資本金額と一致(不足は不可。複数回、複数日でも可。)。払い込み前の当初残高が資本金額を超えていても、払い込みを要します。
※入金後すぐに引き出しても、制度上問題ございません。

払い込み後
払込証明書を作成します。その際、通帳の表紙、通帳の1ページ目、入金が確認できるページの、計3箇所のコピーが必要になります。

3登記申請

いよいよ登記で会社の設立が完了です!

登記申請

登記申請はご自身でご対応いただくほか、会社設立クラウドでの代行が可能です。必要書類の準備から法務局への提出まで、サポートいたしますのでお任せください。

法務局への提出書類(準備する書類)

- 登記すべき事項の情報
商業登記法などで定められている、登記簿謄本に記載される情報(商号や本店所在地等)の必須事項です。データもしくはOCR用紙での準備が必要です。

- 登記申請書(製本)
法務局のHPから様式を取得し、必要な記載事項を記載・製本して提出します。

TOP